リズム

Jazz Singer かづみ です♪

スウィング(Swing)

rhythm

ジャズで一番基本のリズム。4/4拍子。

元々は英語で揺らすという意味があるのですが、4分音符を3等分したうちの前の2/3拍分の長さを前拍、残りの1/3拍が後拍となります。

タータ、タータ、タータ、タータ・・・というようになります。更に、2回目と4回目の「タータ」にアクセントが付きます。日本昔からの曲は、1拍目と3拍目にアクセントがつくことが多いので、ノリが全く異なって感じるかも知れません。

私が普段よく歌っているスウィングの曲には「Lullaby Of Birdland」「Blue Skies」「All Of Me」などがあります。

ワルツ(Waltz)

3/4拍子。

ワルツの中でも2種類あり、普通のワルツはワンツースリー、ツーツースリー・・・3拍とも一定の長さになります。「Moon River」「テネシーワルツ」など、よく歌います。

もう一つは「ジャズワルツ」というものです。最初のスウィングと同じ「タータ」のノリで3拍子になったものです。

私のレパートリーの中では「Afro Blue」「Waltz For Debby」などがあります。

ボサノヴァ(Bossa Nova)

ブラジル音楽のジャンルの一つ。リズムの表現としても使われます。2/4拍子。

ウッ ドン、ウッ ドン・・・という感じです。

「Boy From IPANEMA(Girl From IPANEMA)」「Agua De Beber」をよく歌います。


演奏される代表的なリズムをご紹介しましたが、実は言葉で表現するのがとても難しいものですので、生の演奏やCD等で実際に聴いて体感いただく事が一番かもしれません。


投稿日:2013年09月03日

かづみファーストアルバム「Love」
Kazumi Music Ofiice
Jazz Singerかづみニュースレターご登録はこちらから


このニュースレターではライブのお知らせや、かづみの最新ニュースを不定期でお届けしています。